記憶に残る素敵な結婚式作りへの道

聞き入ってもらうには?

声に出して練習しましょう!

人前で話をするのはとても緊張します。結婚式では大勢の人々の前に立ち、さらに初めて会う人や新郎新婦の親戚の方々などもたくさんいます。緊張しないというのはなかなか難しいかも入れませんが、少しでも緊張を和らげる事ができるように、しっかりと準備をしておく事が大切です。
当日しっかりとスピーチができるように、とにかく実際に何度も声を出して読んでおきます。何度も読む事で内容はしっかりと頭に入り、スムーズで聞きやすい発音になっていくでしょう。自分が作成した文章であっても、実際に声に出して読んでみると言いにくい言葉や口が回りにくいと言った弱点が見えてきます。当日にこれをしてしまうと、せっかくの良いスピーチでも相手には伝わりません。何度も何度も声に出して読み、言い慣れておく事が基本です。

誰かに聞いてもらうと緊張が和らぐ?

普段から人前に出る仕事をしていたり話慣れている人であれば、それほど読む練習は必要無いかもしれません。しかし、なかなか人前に出て緊張しないという人は多くないでしょう。少しでも緊張を和らげられるようにするには、誰かに聞いてもらうのがオススメです。
どんなに親しい友人や家族であっても、皆が自分だけに注目していると感じると緊張します。実際のスピーチの際には広い会場で人数も多く、緊張感は何倍にも増すでしょう。しかしこの注目されているという緊張感は少なからず実感しておくと、当日に緊張でパニックになる事が回避できるかもしれません。
また親しい人間に聞いてもらう事で、客観的で率直な意見や指摘をしてくれます。ここで文章や読み方などを修正しておけば、当日は完璧で素敵なスピーチをする事ができるでしょう。